もちしのだうどん

もちしのだうどん
テーマ
事業所
ジャンル
和食
季節
秋冬

野菜たっぷりの具沢山の汁に、甘辛く煮詰めた「もちしのだ」をトッピング。具材のうま味と「もちしのだ」の甘辛のタレが合わさり、より味わい深くなるのがポイント。ボリューム満点で栄養バランスも良く、給食におすすめです。

調理時間

調理時間 : 20

エネルギー 487kcal / たんぱく質 19.9g / 塩分 6.0g
※エネルギー・たんぱく質・塩分は1人分の値です。

材料(2人分)
<もちしのだ甘辛煮>
もちしのだ2個
A
 水200ml
 砂糖大さじ1
 醤油大さじ1
<具沢山うどん汁>
茹でうどん2玉
豚こま切れ肉80g
白菜2枚(190g)
大根5㎝(70g)
人参3㎝(25g)
長ネギ1/4本(25g)
椎茸2枚(20g)
A
 だし汁500ml
 酒大さじ3
 醤油大さじ3
 みりん小さじ2
サラダ油小さじ1

作り方

  • 1.
    もちしのだの甘辛煮を作る。
    小鍋にもちしのだ、Aを入れて中火にかけ、沸騰したら弱火にし、落し蓋をして10~15分煮込む。

  • 2.
    火を止めて、そのまま置き、味をなじませる。
  • 3.
    具沢山うどんを作る。
    白菜はざく切りに、大根、人参は短冊切りに、長ネギは斜め薄切りにする。椎茸は軸を取り、薄切りにする。
  • 4.
    中火で熱した鍋にサラダ油をひき、豚こま切れ肉、大根、人参、長ネギを炒め、油が回ったら、白菜、椎茸、Aを加える。
  • 5.
    沸騰したらアクを取り、弱火で約10分、火が通るまで煮込む。
  • 6.
    丼ぶりにうどん汁、お皿に温めたうどん、もちしのだの甘辛煮を盛り付ける。
#
栄養POINT栄養POINT

肉や野菜たっぷりのうどんなので、単品料理では不足しがちなビタミB群や食物繊維、β-カロテンなどの栄養素も摂ることができます。うどんの汁や、もちしのだの甘辛煮のタレは、塩分が多いので、残すなどして控えめにすることで調整をすることができます。

#
PAGETOP